お金 借りる 携帯

「携帯で借りる」とは?

携帯からお金を借りられるか調べていますか?

 

お金,借りる,携帯

 

スマホはもちろん携帯でも、お金借りる申し込みができるので安心してください!

 

アコムの場合審査の申し込みは、こんな画面で入力します↓
お金,借りる,携帯

 

ね?簡単ですよね^^+

 

僕も最初は「わからないかな?」と思いましたが、全然大丈夫でした(*^^*)

 

プロミスも同様に入力すればOKです。

 

プロミスとアコム最短で1時間融資にも対応しているので至急の人にとくにおすすめですが、それ以外の会社もスマホから申し込みできますので、いろいろ申し込んでみるといいですよ。(申し込みと審査はどこも無料です)

 

プロミスキャンペーン! 新規契約で2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

プロミス公式サイトへ

携帯で申し込みできるところ

※申し込み・審査にお金はかかりません
※審査に通るか心配な時は2-3社申し込んでおくと安心です。
※プロミスとアコムは必須です。
プロミスは
・30日間無利息※詳細はプロミス公式サイトで
・新規契約で三井住友VISAプリペイドが2,000円分もらえます
・Web契約なら即日融資(当日振込みも可能)
・取引はネットで完結
↓申し込み入口
プロミスに申し込む
同率1位おすすめ
アコムは
・最短一時間で融資可能
・最大30日間金利0円
・3項目の入力ですぐに診断
・ネットで契約まで可能
・ネットやATMで24時間借入返済OK
↓申し込み入口
アコムに申し込む
三菱東京UFJ銀行カードローンは
・安心金利の銀行カードローン
・銀行口座は不要で最短即日融資も可能
・全国の提携コンビニATM利用可能
・借入返済ともにATM手数料無料
↓申し込み入口
三菱東京UFJ銀行カードローンに申し込む
みずほ銀行カードローンは
・WEB完結申し込みが可能
・最短即日利用可能
・来店、郵送不要
↓申し込み入口
みずほ銀行カードローンに申し込む
モビットは
・三井住友銀行か三菱東UFJ銀行のカードですぐ利用
・入力項目が少ない申し込み
・電話なし、郵送なしWEB完結が人気
・公式スマホアプリで書類送信
・ネット申し込み後、ローン契約機でカード受け取り可
↓申し込み入口
モビットに申し込む

カードローンの基礎知識

リボ払いって何?

リボルビングという言葉を聞いたことのある人も多いかと思います。俗に言えば,リボ払いということになります。これはカードローンなどの借金の返済方法で用います。これもご存知の人が多いかと思いますが、リボ払いというのはお金をいくら借りても、その支払い金額が月々固定となるものなのです。ですので月々の支払金額をリボ払いで1万円と決めた場合は、それいこう利用限度額の中でいくらキャッシングをしてもその返済は月々1万円を超えることはありません。なにやら魔法のような返済方法のように思われますが、借りたお金はきちんと返済しなくてはいけません。ですから極端な話になりますが、10万円借りて月々1万円のリボ払いということになると1年で返済は可能でしょう。そこで100万円借りたとします。これでもリボ払いは1万円です。ですから、100万円借りても月々の返済金額は1万円なのです。しかしこの場合、よく考えなくてはいけないのですが、月々1万円のリボ払いで100万円を返済しなくてはいけないとなると一体何ヶ月かかるのでしょうか。元金だけで100ヵ月ということになりますから、8年と4ヵ月かかることになります。また当然のごとく1万円のリボ払いの中に金利が入ってきますから、1万円の中の元金は50%程度になるかもしれません。そうなると返済金額は15,6年になることも考えられるのです。毎月1万円返済してもその半額は金利ということになればこれはかなり無駄な返済といえますね。

 

携帯で申し込みできるところランキングをみる

 

金利の幅があるのはどういう意味?

今ではインターネットのサイトのあちこちで見られるようになったカードローンですが、やはり借金ですから気になるのは金利ということになります。昔は暴利を貪るような悪徳な消費者金融業者がたくさんあったのですが、今ではカードローンの元となる金融会社は大手の都市銀行がほとんどですからその点でも心配はすくなくなったといえるでしょう。それでは金利はどのようになっているのか見てみましょう。カードローンの広告で目につく金利は3%から18%といったように金利にはかなり差があるのが目につきます。これは借入額によって金利が違ってくることを意味しているのです。というのはどういうことかというと18%というのは今ではかなり法外な金利のように思えます。しかし、借入金額にカードローンの場合はかなり開きがありますから、この18%という金利はカードローンの借入金額の最小金額にかかる金利ということになるのです。通常カードローンの借り入れ最小金額はカードローン会社によっても差があります。1万円から借り入れができるカードローン会社であれば、1万円にかかる金利は18%ということになるのです。また上は800万円まで借りることができるカードローンもありますから、そのくらいの金額になると金利もグンと低くなってくるのです。もっともそこまでカードローンでお金を借りることもなかなかないでしょう。一般的なカードローンの借入額は50万円から100万円となっているのです。

 

携帯で申し込みできるところランキングをみる

 

景気と返済の関係とは?

最近ではカードローンの利用者が増えてきているようです。歴史を振り返ってみると、不景気な時代よりも好景気な時代のほうが人々は借金を繰り返すということが実証されています。あのバブルのときも借金をする人が多かったのも景気がいいと借金をしてもどこか安心感があるということがいえるのだと思います。一方バブルのときは終身雇用制も機能していましたし、昇給も永遠に続くものといった安心感があったのはいうまでもないことなのです。そして現在の状況はどうでしょうか。景気は確実に上向いているのですが、すでに終身雇用制が崩壊したといわれて久しいですし、昇給が定期的に行われているのはある意味これも崩壊しているといってもいいのです。しかし、それは時代の流れで終身雇用の崩壊も昇給が実質無くなっているのもある程度織り込み済みということなのでしょう。ですから借金に対する安心感というものは景気が上がっていることによる安心感というものでしょう。景気がよくなるということはお金の流れが増えているということです。また、借金をするということは当然返済をしていかなくてはいけません。お金に困って借金をするのはいつの時代でも一緒なのですがその返済について不安がないということは好景気の条件でもあるということですね。借金をする場合は切羽詰まっていることが多く、後の返済をとやかく考えている場合ではないのかもしれませんが、好景気の場合はそれでもなんとかなるものなのです。

 

携帯で申し込みできるところランキングをみる